知的財産権法

Intellectual Property Laws

 

情報工学科  選択  2単位  3年春学期

 

【授業の目的】知的財産権にかかわる問題は、産業財産権法と呼ばれる一群の法律と著作権法によって解決されることが多い。ところがこれらの法律を法学の基礎を抜きにして学ぶことは難しい。したがってこの授業では、まず工業所有権法を理解する上で必要になる最小限の法律の基礎を学んだ後、産業財産権法を構成する、特許法、実用新案法、意匠法、商標法、ならびに著作権法と関連する条約を学ぶ。

 

【テキスト】「知的財産権入門−精度概要から訴訟まで」馬場錬成・創英知的財産研究所  法学書院

【参考書】「理系のための法学入門」杉光一成著  法学書院

 

【評価の方法】レポートと定期試験

 

【授業計画】

1.        法とは何か、法の分類

2.        物権・債権と工業所有権法

3.        民法総則、民事訴訟法と工業所有権法

4.        特許法 (1) 全体構造

5.        特許法 (2) 特許取得手続き

6.        特許法 (3) 権利保護手続き

7.        実用新案法

8.        意匠法

9.        商標法

10.    著作権法

11.    不正競争防止法

12.    権利の発生

13.    権利侵害

14.    侵犯と訴訟

15.    国際化する知的財産権法と条約

 

【備  考】「憲法・市民生活と法」を履修していることが望ましい。